院内設備紹介
いつも笑顔の受付 ゆったりとした待合 院長の国内外での活動を掲示しています
最新の検査機器と検査室
短時間で視野解析の出来る
ハンフリー自動視野計
眼を詳細に観察出来、ライブ撮影ができるデジタルスリットランプ 網膜・眼底を記録出来る
デジタル眼底カメラ
最新鋭の手術顕微鏡と
硝子体・白内障手術装置

SD-OCT (光干渉断層計) 最新機器で、網膜疾患、緑内障の診断に威力を発揮 角膜形状解析装置、円錐角膜の診断など、強い乱視の原因を探ります。 写真の機器以外にも、高精度白内障や硝子体手術などに必須の機器、光学的眼軸長測定装置(IOLマスター)、超音波Aモード装置、白内障・硝子体手術装置(StellarisPC)、超音波Bモード断層撮影装置、角膜内皮細胞撮影装置、ゴールドマン視野計をそろえています。
また次のような最新の各種レーザー治療装置も常備しています
グリーンレーザー    (網膜・虹彩・隅角光凝固)
YAGレーザー  (後発白内障手術、虹彩光凝固)
炭酸ガスレーザー   (眼瞼下垂・内反症手術)